今年のプレゼントは何が欲しい?

私が7才になる年、母から「今年のプレゼントは何が欲しい?」そう聞かれて、迷わずワンちゃん!と答えました。
私の誕生日、忘れもしない1998年12月25日。私たち家族は、ブリーダーさんから新しい家族をもらいました。
ラブラドール・レトリーバーのラブちゃんです。右耳が半分しか垂れてなく、左足がもともと少しだけ悪くて引き取り手がなかったそうです。
でもそんなラブを私と弟が、この子じゃないととタダをこねました。
それからというもの、ラブがやんちゃで、寂しがり屋で、家族のことが大好きだよと言う気持ちが毎日毎日ひしひしと伝わってきました。
ラブが11歳になり、病院に行ったとき嘔吐、失禁と体が硬直して動けなくなり、点滴をしたという事件がありました。
普段疲れたよと言ったことのない子が、そんな風になるだなんて思ってもみませんでした。
10歳を越えたあたりから、老化が目に見えてきており獣医さんからいつ亡くなってもおかしくないと言われてました。
そんなラブも13歳となり、今年の夏は去年よりも暑いからラブちゃん越せるかな?っと家族で話していました。
ラブもだいぶ寝ている時間が増えてました。しかし、家族が帰ってくるといつもの元気なラブに戻るんです。
今思えば、力を振り絞って、私は元気だよ。まだ逝かないよ。ってみんなに伝えてたのかもしれません。
ラブが亡くなる前日の夜、最後に起きていたのは学校のレポートのためリビングにいた私でした。その日の夜だけ、外からラブの物音が聞こえなかったので、小屋で大人しく寝てるんだって思ってました。数時間前、ラブとたわむれ、遊んだことが最後だと思ってもみませんでした。
2012年7月24日早朝。父がラブにご飯をあげに行ったとき、小屋で亡くなってるのを発見しました。私は学校への通学途中で、父からの電話に出てその事実を知りました。私は電車の中でしたが、何度も何度も聞き返し嘘だと思いました。
学校から帰宅すると、玄関に棺がありました。父がその中にラブがいるよと。恐る恐る開けると、体が冷たくなった私の妹がそこにいました。
最後に起きていたのは私なのに気づいてあげれなくてごめんねと、ずっと一緒にいると約束のにっと涙を流しました。
ラブは17年前家に来たときも、火葬して骨壷に入って戻ってきたときも、ラブを抱いたのは私でした。
今でもラブは家にいます。体はないけど、家族の中ではラブの死から3年経ちましたが、話は絶えません。
今までありがとうと、私と弟と一緒に成長してくれたことに感謝をしています。
大好きな、大好きな妹のラブ。
あなたがいなければ、私は今看護師として働いていないでしょう。
また次に会えることを楽しみに待ってます。

ボロさよなら!ボロ元気でね!

小3のトキ、親父が仕事帰りに雑種の小犬を拾ってきた。
茶色くて目がまんまるでコロコロとしたカワイイ奴。
でもノラなので、小汚くて毛がボロボロに抜けていた。
そんな風貌を見て、親父は名前を「ボロ」とつけた。
一人っ子の俺は、ちょうどイイ弟分が出来て嬉しくて
毎日公園へ散歩に行っては一緒に遊んだ。
ウチは両親共働きで殆ど家にはおらず、
俺はずーっと独りぼっちだったけど、
ボロが現われてからは毎日が楽しかった。
ちょうど1年が経った頃、ウチは親父の仕事の都合で
遠くに引っ越さなくてはならなくなった。
当然ボロも一緒に行けるものと思っていたのに、
引っ越し先には連れて行けない事を母親から告げられた。
両親はどこかに引き取って貰おうと、貰い手を探して居た様だが
結局どこにも引き取って貰えず、仕方なく車で遠くに連れて行き
捨てるとゆう事になった。
当然俺は無き喚いて断固反対した。
ボロと別れるなんて考えられない。
ましてどこか遠くに捨てるなんて絶対に嫌だ。
しかし当時小学生だった俺はあまりに無力で、
結局事態を好転させる事など出来るハズもなく、
捨てる事に決まってしまった。

ある日変な違和感がして目覚ましたら目の前に何かがいた。

ある日変な違和感がして目覚ましたら目の前に何かがいた。
犬。ダックスフント。
『えっ?』と思って固まってたらそいつが鼻を噛みやがった。
急いで起きたらオカンが『その子ねぇ、今日から新しい家族よ』って。
おいおい。いきなりすぎだろ…
犬が嫌いな俺は素直に喜べなかった。
まぁ名前ないのもかわいそうだし俺はそいつにルイって名前つけた。
それからの毎日は俺とルイの戦いの日々だった。毎日俺の靴や鞄を噛んで俺が怒って部屋から追い出したら必死にドアをカリカリしてやんの。
でもウザいから無視してたらあいつベランダからまわって入ってきやがった。悪知恵だけはあんだから困るよ。
んで部屋入った瞬間足あげて寝てる俺の顔面にションベンかけやがった。もう完全にブチ切れた俺はそいつを追いかけまわしたが足がはやくて追い付かない。
胴長短足のくせに何故か足がはやい。
まぁあの短い足で必死に逃げてる姿があまりに可愛くて許しちまった。
まぁとにかく悪戯が好きなやつだった。
ごはんの時も椅子から机にうつって俺のメシ食べようとしてんだけど足短いから机に乗れないんだよ(笑)んでいつも椅子から落ちてる。
ホント馬鹿なやつ。
ある日風呂からあがったらルイが玄関でゴソゴソしてやんの。
見たら俺の靴噛もうとしてて止めようとしたら靴ん中に顔入れたんだ。
その瞬間『カハッ…』ってえずいたんだよ。
おいおい…いくらなんでも失礼すぎだろ?
俺そこまで足臭くねぇよ…たぶん…

ジジイと駄犬は天国でもまだやり合っていることでしょう。

世の中には賢い犬もいるだろう。
しかし我が家の駄犬は最期の最期まで駄犬だつたよ。
うちに引き取られて2日目にうちのジジイと対面し
何が気に食わなかったのかジジイのすねに噛み付いた。
ブチ切れたジジイは盆栽用のハサミで反撃し、駄犬は
腹部に重傷を負った。郵便配達の人にも吠えるので
ジジイは木刀で何度も殴った。しかし駄犬はへこたれず
仕返しにジジイの大切にしていた盆栽をひっくり返して
食い散らかした。庭は荒らさないがジジイの盆栽だけを
めちゃめちゃにした。ジジイはもう勘弁ならんと駄犬の
飯は我が家の残飯のみに定められた。
次の日またジジイとひと悶着あった駄犬は隙を見て
我が家から逃走し、家の目の前で車に跳ねられて即死した。
駄犬を轢いたドライバーがうちに謝りに来たが
ジジイはありがとうありがとうとニコニコしていた。
そしてジジイは2日後に脳溢血で他界した。
ジジイと駄犬は天国でもまだやり合っていることでしょう。