また車の番組みてるね。車、好き?

287 1 名前: 彼氏いない歴774年 Mail: sage 投稿日: 2013/02/24(日) 23:24:36.50 ID: gtT1hPAD
喪「また車の番組みてるね。車、好き?」
男「好きだよ」
喪「車、大好き?」
男「大好きってほどじゃあないな」
喪「へえー」
男「………」
喪「………」
男「………」
喪「…妻、好き?」
男「!?wwww何を聞いてるんだww好きだよwwwwww」
喪「大好き?」
男「還暦すぎのww男にwww何を言わせるんだww大好きだよ」
喪「知ってたー」
男「なんだそんなwww下らんこと聞いてwww」
喪「いや大事だよ、何度聞いても嬉しくなるよ」

ドイツ旅行中、鉄道の乗り継ぎ失敗してケルンで一泊することになった。

705 : おさかなくわえた名無しさん 2013/06/30(日) 07:02:43.85 ID:hhtyuAHe
ドイツ旅行中、鉄道の乗り継ぎ失敗してケルンで一泊することになった。
折り悪く大きなイベントの時期と重なったようで手ごろなホテルはすべて満室。
仕方ないからもう少し地方に足を伸ばすかと駅に向かっていたら
いかにもなホテルのドアマンさんと目が合い「日本人?」と話しかけてきた。

万博の思い出

ここで良いのか?と思いながら・・・・(w
本当は、昨日レス入れようと思ったんだけど、昨日はみんながリアルタイムで見ている所に、長レスは迷惑になると思ったので控えました。見ててくれる事を願って・・・・
土曜日の14時~頃、コーカサス館で娘(小3)にバラソフトを買って下さった方、有難うございました。
娘が戻って来て、買って頂いた事を知って慌てて周囲を探したのですが、もう見当たらなくて。

おとんいつもありがとうございます

315 : 風と木の名無しさん 2013/06/16(日) 21:17:02.62 ID:d8Rt1bmgP
おとんの小銭入れがくったくたになっていたので父の日のプレゼントに買った
かぶっちゃいけないと思って家族に何をあげるか伝えておいたら
両親が出かけたときにおとんが小銭入れを見ていたそうで
おかんが私があげることをバラしてしまった

どうだ!本当にあるって言ってくれたぞ!僕は、誇らしかった。

570: 名無し物書き@推敲中? 2004/11/11 20:23:47
200系新幹線電車。
僕が幼稚園の頃の事だ。
まだ東北新幹線も上越新幹線も建設中で、一部区間を試験車両だけが走ってた時代。
僕は、山陽新幹線の沿線に住んでいて、毎日のように白に青いラインの丸鼻の新幹線を見て育った。
そんな時に、母親と本屋に逝った時の事。一冊の電車の絵本を見てショックを受けた。
「みどりいろのしんかんせんがある!!」
今までとは違う新幹線電車は、自分には、かなり衝撃的だったのだろう。
次の日のお絵かきの時間、たまたま「しんかんせん」の絵を描こう、という事になり、
僕は早速、昨日絵本で見た「みどりいろのしんかんせん」を描いた。
うまく描いたはずなのに、同じクラスの園児みんなが、僕の絵を笑った。
「ほんとうにあるんだよ!みらいのしんかんせんだよ!」半ベソかきながら反論する僕を、
先生だけがなだめてくれた。それでも、半信半疑な顔だったが。
それから次の週、園児みんなで新幹線の駅に逝った。各自、先日描いた絵を持って。
いろいろ見学をして、先生が「それじゃぁ、駅長さんに質問ある人~!」と言うや、
僕は真っ先に手を挙げて、立って絵を見せながら質問した。
「みどりいろのしんかんせんは、いつからはしるの?」
ドッと笑いが起こった。今度はクラスの子だけじゃなくて、園児全員だ。
駅長氏は、僕の絵を手にとって見ながら、ほほぉ~と感心した表情を見せ、
この電車は、皆さんがもう少しお兄さんお姉さんになった時に、東京から北のほう、
冬には雪がたくさん降る盛岡や仙台、新潟へ走ります。できたときには、ちょっと
遠いけど皆さんもぜひ、乗りに行ってくださいね!と答えてくれた。
どよめきが起こった。どうだ!本当にあるって言ってくれたぞ!僕は、誇らしかった。
あれから、そのみどりいろのしんかんせんも、リニューアルして活躍を続けるものもあれば、
新型車両に使命を託し、解体されていくものもある。
こうした光景を見ると、あの日からかなりの年月が経ってしまったんだなぁ、と感じる。
あの日に描いた絵も、当然手元にはない(引越の時に棄てたのだろう)。でも、
200系との「衝撃的な出会い」の瞬間は、永遠だ。

あ、なるほどだからこの子はモテるのか

941 名前: 彼氏いない歴774年 Mail: sage 投稿日: 2013/03/31(日) 18:32:04.02 ID: v+zpkXQG
男相手の時に書き込むべきなのは分かってる。
けどばりばりの喪女だから男と接点ないんだよorz
というわけで「あ、なるほどだからこの子はモテるのか」と思ったと同時に惚れそうになった体験談を一つ。
ちなみに今日の昼ごろの話。