イギリス紳士( ´_ゝ`)「大変美味しい食べ物です。日本の伝統的な食べ物です。少しビネガーな米ですよ!美味しい食べ物です!」

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/03/31(水) 01:08:31.11 ID:n2uFp0IsO
501:インド(カルカッタ近郊)にて 2009/11/14(土) 23:41:10 ID:6YShACUV[sage]
電車(汽車?)で移動中お腹が空いたので知人(日本人)が作ってくれたちらし寿司の弁当を広げた。
普通のインド人は車内か各駅で売ってる簡易カレーを食べる。
その時の他の乗客は俺の弁当を興味津々でガン見してた。みんなこっち見てた。そこへデブった車掌さん登場。
印「ちょっと、君。何それ」
俺「昼食ですけど」
印「…恐い」
俺「…え」
印「いや、恐い。仕舞って。ここで広げるのやめて」
俺「え。…弁当」

車掌さんが何を勘違いしたのか知らないが、弁当を閉じられてしまった。 
俺「寿司だよ。寿司。日本のね、食べ物。お・寿・司」 
印「ダメ、絶対」 
そこにすぐ後ろ辺りに座ってたイギリス紳士(上等のスーツ着たおっさん)が立ち上がる 

シャワー室の石鹸が毎日無くなる事件があった。犯人は留学生のロイツ君じゃないかと思い踏み込んだらかめはめ波のポーズ取ってたwwww

308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/01(木) 00:39:07.75 ID:ViG35PD1O
836 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2008/05/13(火) 16:00:06 ID:g/VVWmKc
俺が所属していた大学の運動系クラブハウスの、
あるシャワー室で毎日石鹸が無くなると言う些細だが切実な事件があったんだ。
最初のうちは、ハテ?という感じで新品下ろしてたんだけど
それが毎日、一週間以上続いたので誰からともなく、
「誰かが持って行ってるんじゃないか?」と言う話になった。

で、真っ先に疑われたのが留学に来ていたロイツ君(仮名)
何しろ、「日本の石鹸、いいな」なんて普段から言ってた上、
シャワーの時に、何故かいつも皆が浴び終わる頃に来て最後まで残っている。

夫は教師で教え子に次に入院することがあれば、もう命が長くないと言われている生徒がいた

368: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/02 18:15:32
夫は教師。 
クラスに病気で手術を繰り返している生徒がいたんだけど 
次に入院することがあれば、もう命が長くないと常々言われてたらしい。 
そしてついに、入院せざるを得ない日がやってきた。 

夫はその知らせを聞いた日、帰宅したら 
2歳の息子を抱きしめておいおい泣いた。ご飯も食べずに泣いてた。 
夫の泣くところを初めて見た。 

あれから6年たって、こないだの週末。 
その元生徒さんがうちに来た。可愛らしい婚約者を連れてた。 
彼らが帰った後、夫はもう小学生になってる息子を抱きしめてまたおいおい泣いてた。 
息子が嫌がって逃げて、走り回って遊んでる姿を見て、笑いながらまた泣いてた。