我が家の猫は帰宅する父を玄関で出迎えるのが日課だった。でもな・・・もう待ってても親父は帰ってこないんだよ。

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:00:57.33 ID:PL+gO2MI0
我が家の猫は帰宅する父を玄関で出迎えるのが日課だった。
今日も夕方の定時になると玄関先にお座りしていた。
でもな・・・もう待ってても親父は帰ってこないんだよ。
スーツに毛が付くのもかまわずオマエを抱き上げてくれることはないんだよ。
会社帰りのお土産の焼き鳥ももう味わえないんだよ。
もう・・・やめろよ・・・たのむから・・・

親父は定年退職でずっと家にいるだろうが

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:06:46.32 ID:npBI7d3e0
>>38 
ワロタ

引用元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1372508298/

「オ祈リ、メンドーニナッチャッタヨー。エダマメ美味シイカライイヨー」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/03/31(水) 01:19:38.11 ID:n2uFp0IsO
246:Trader@Live! 2010/01/09(土) 06:19:01 ID:O1VkGMdv
友人が勤めている自動車修理工場に、アラブ(?)系の人が二人ほどいるらしいのだが
(酔って忘れた。ごめん)
最初の一月はなんか宗教的だなあと思える行動(祈るとか絶食とか)をしていたのに
3ヶ月もすると、会社の付き合いについてきてはビール飲んで枝豆と冷奴にはまって
食いまくるわ、になったらしい

飲み会の最中に友人が「もうお祈りとかしないでいいの?」って聞いたら 
「メンドーニナッチャッタヨー。エダマメ美味シイカライイヨー」よとご機嫌で答えたようだ

本場の技術を学んで祖国に生かす! と張り切っていた彼らはどこへ行ったのだろう 
とは友人談 
ちなみに彼らの目標は日本に家族を呼び、国籍をゲットして過ごす事だそうで

引用元:http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1269918454/

娘がアメリカ人と結婚した。英語喋れない。あら日本語お上手ね。え?落語が好き?偶然ねぇ、私もよ。え?トトロ好き?あら、私もよ……。

435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/04/01(木) 21:01:40.08 ID:ErrJPQKH0
232 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/03/31(水) 13:59:36 ID:Zd74SUpx
 流れを読まずにカキコ。

数年前、私の幼馴染が(当時:三十路前半♀)アメリカから
旦那さん候補を連れて帰国する事になった。
おばさんは毎日のように我が家に来ては、「外国人のお婿さんなんて
どう接すればいいの?英語なんて喋れないわ。
主人亡き後、女手一つでやっと育てたのに、こんな事って…と
私さんはちゃんと日本の御主人と結婚したのに…」など等
半ベソかきかき愚痴っていた。

今から人生初のデートなんだけどアドバイスくれ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/24(日) 10:45:39.12 ID:AhgtTxSV0
彼女?(友達の友達と飲み会で知り合った)から誘われた
すっごい美人で凄くもったいない気もするけど付き合えるなら付き合いたい
頼む

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/24(日) 10:46:11.57 ID:BL182avg0
まず服を脱ぎます

男の子(小)「さっきのが『おかあさん?』」男の子(大)「うん、あんな感じ。でも僕らのおかあさんはおばあちゃんだから!」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/09(土) 23:29:44.28 ID:rVo+JqBB0
394 :おさかなくわえた名無しさん :2007/09/07(金) 22:38:00 ID:Tz7LhDCG
こどもの発達がちょっとゆっくりで、保健センターに通っている。
母子教室みたいなのの最中、おばあちゃんと男の子が二人迷い込んできた。
「すみません、里親会の集まりの会場はここでしょうか?」
トイレに行くときに貼り紙をみたので、
「それなら、上の階の○○室ですよ」と教えてあげた。
おばあちゃんは、頭を下げながら男の子達の手をしっかり握って去っていった。

でも、○○室って引っ込んでてわかりにくいんだよな~と思い出し、 
案内した方が良いかなと思って子供を先生に預けて追いかけた。 
前方から聞こえてきた漫画みたいな会話 
男の子(小)「さっきのが『おかあさん?』」 
男の子(大)「うん、あんな感じ。でも僕らのおかあさんはおばあちゃんだから!」 
(小)君と僕が違うところで生まれても兄弟みたいに、 
ほんとうのお母さんでなくてもおばあちゃんがおかあさんだから。」 
男の子(小)「うん、綺麗なおかあさんたちよりおばあちゃんが一番優しいね、きっと。」 
おばあちゃんはただただ交互に男の子2人にほほえみかけていた。 
その笑顔はただただ優しくて、このおばあちゃんがこの男の子達に 
どれだけの愛情を注いでいるのかわかるようで、何だか泣きたくなった。

引用元:http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1286630545/

他界した父のトラックが走ってくる

620 本当にあった怖い名無し sage 2007/11/18(日) 22:24:25 ID:870HfoyV0
一つ投下 
ウチの父は長距離トラックに乗っていて、丈夫なことがうりだった。 
短気だけど情に厚く、近所の子供とかに人気があった。 

でも、50代前半で癌であっさり他界してしまった。 
少し前、人間関係がうまくいかず、おちこんでいた。 
とぼとぼ歩いていて、ふと顔をあげると、見慣れた車。 
前方から、父のトラックが走ってくる。 
ステッカーとか、ランプとか、確実に父の車。 
他界後、縁のあった会社に引き取ってもらった車。 
もう、7年も前なのに。 
ちょっと、前向きに考えてみようと思った。

伝言ゲームで果実泥棒が飛んできた

423 :おさかなくわえた名無しさん:2008/10/27(月) 22:22:17 ID:oehnQj0b

上の果物泥棒話で思いだした。

長文嫌な人はスルーして。
郊外に住む親せきに聞いた話だが。
地域の高校の科学部の子達が近所の住宅街の果樹のある広い敷地を持つお宅を訪ねて、
ワイワイ木の下の土のサンプルを取らせてもらってたんだと。(アゲハや蝉の抜け殻がよく落ちているとかで)
で、科学部と言うことで全員白衣を着ていたらしい。
その資料提供のお宅の御主人は孫世代の子供達の熱心な質問に気をよくして
いろいろ雑学も教えて、もぎたての果物もお土産に一杯持たせたらしい。
其れを見かけた人から人へ伝言ゲームの様に形が変わった結果が。

白衣を着た高校生ーーー白衣を着た保健所かどこかの検査員。
熱心に高校生に雑学教えてた御主人ーーーー御主人と調査員達が深刻そうな話をしてた。
虫の抜け殻とその土壌のサンプルの採取ーーー地下水だか農薬に寄る土壌汚染の調査
お土産のくだものーーーーー汚染物質に浸食されたくだもののサンプル
土壌のphだとか専門の用語を使ってたーーーー何か化学式をつぶやいてたーーなにか危険な物質名を挙げていた。

で、今まで勝手にそのお宅から果物を失敬してた泥達が飛んで来たって。
(新興住宅地に越して来た若い母親だらけだって)
そのお宅の御主人、伝言ゲームの結果を知らされていたので無視して沈黙したそう。(あまりにも滑稽で)
しかしその沈黙と、笑いを堪えたため体をぶるぶる震わせた様子をみて
よほど深刻で大変な結果が出て恐怖で震えているのだと泥棒奥達邪推して顔面蒼白で
パニックになったり泣出したのもいたそうな。勿論真実を知らされるまでだが。
そしてそれ以後果物を勝手に取ってく輩はいなくなったって。そのお宅。