警察官の父親が雑種の汚い子犬を連れて帰ってきた話です

警察官の父親が雑種の汚い子犬を連れて帰ってきた話です。捨て犬を署で預かったんだが、保健所に引き渡し予定の犬らしい。

母「アホかいな、明日返して処分してもらってき!」

父「・・・・・」

庭につないで一晩だけおいておくことになった。

夜中にスンスンと寂しい声で鳴くので様子を見にいったら寒そうにしている。

いらないチノパンを畳んで下に敷いてやったら嬉しそうにジャレてくる。

朝見てみるとチノパンの片方の裾のなかで寝ていた。

情が移るとイヤなのでそのまま登校・・・。
学校から帰ってくると、まだ犬いる・・・アレ?

母に聞くと車に犬積んで出勤した父が数分後に帰ってきて頼むからコイツを助けてくれ・・・・。

と号泣したらしい。人を見たら盗人と思えがモットーの父がそんな行動をするのが意外だった。
その雑種のイヌはそのまま15年、ウチで暮らしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です