英空軍人「お母さん、もし誰かが空軍の不甲斐なさをなじったら、もっと掩護したかったんだと僕がいっていたと伝えて!」

156: 名無し三等兵
コラム⑥●英国の「空の墓標」
 英陸軍のダンケルク撤退にあたって、英空軍は戦闘機を延べ2739機、
爆撃機を延べ651機、偵察機を延べ171機出撃させて掩護したが、陸軍兵士
には襲い掛かるドイツ機しか目に入らなかった。ほうほうの態で逃げ帰った
彼らはドーヴァーの街頭で空の勇士を吊るし上げ、メディアにも空軍の
不甲斐なさを声高に訴える。英本土決戦に備えるダヴディング大将が
16個飛行中隊しか使わせなかったのも確かに不十分な掩護の一因であった。
救出作戦の真っ最中である5月31日、第213中隊のハリケーン搭乗員
R・D・G・ワイト中尉は母親へこう書き送った。

「お母さん、もし誰かが空軍の不甲斐なさをなじったら、もっと掩護したかった 
んだと僕がいっていたと伝えて!飛行機がなかったから、あれ以上はして 
やれなかった。あれで最善だった、それでもドイツ野郎の最善の50倍は 
やったんだよ。でも心配しないで、お母さん。 
最後の一機、最後のパイロットまで僕たちは戦い抜いてみせるから」 

「この撤退の成功は空軍のお陰である。」とチャーチルが下院で 
謝辞を述べて間もなく、ワイト中尉は祖国の空に散華する。 

(;´ー`)y-~~光人社FN文庫 
       著:徳田八郎衛「間に合った兵器」より抜粋

引用元:http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1015673299/