花火の元

ルーディーの足元の周辺にはどこの子どもがまき散らかしたのか、ポップコーンが散乱していた。
キャストのお姉さんはそのポップコーンを丁寧にホウキでかき集めていた。
「足元申し訳ありません」とルーディーの足元を掃いてくれたので、思わず「大変ですね」と声をかけた。
キャストのお姉さんはニッコリと笑ってこういいました。

「今、集めているのは皆さんの残念な気持ちなんです♪
これを一箇所に集めると実は園内で上がる花火の元になるんですよ!
ご存知でしたか?
このことを私たちはミッキーに教えてもらうんです。
だから私は皆さんに楽しんでいただく花火の元を拾っているので
全然、大変じゃないんですよ♪
ありがとうございます」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です