自習室

漏れがまだ受験生だったころ、塾の自習室にはどうにもいずらくて、自習室代わりによく利用している喫茶店(というよりフード店)があった。
普段は8時前には自習室に戻ってたんだけど、そこの店長さんとふとしたきっかけから仲良くなって、閉店ぎりぎりの9時までいるようになった。

あるとき店長さんが「あたしん家は近くだから、閉店後もいていいよ。」といってくれて、
そこの居心地も良かったし、お言葉に甘えて10時ひどいときには11時ぐらいまでそこで勉強させてもらった。
遅くなったときは、夜食作ってくれたりもしたな。

受験終わって報告に行くと店長さん、自分のことのように喜んでくれた。

で、これは受験が終わった後そこのバイトの子から聞いた話なんだけど店長さんの家すごく遠くにあるんだと。

電車4つとバス2つ乗り継いで2時間以上かかるらしい。
てことは店長さん、毎日帰りは1時過ぎだったことになる。

おまけにそんな生活を赤の他人の俺のために3ヶ月以上も続けてくれたことにもなる。

その事実知ったとき、俺不覚にも泣きそうになった。

大変なはずなのに店長さん、いつも笑いながら俺のこと見守ってくれてたっけ。

受験て意外なところで意外な人たちに支えられてるもんだなと、つくづく思った。

店長さん本当にありがとう。
あなたがあの店にいなかったら今の自分はいません。