父ちゃんよ。泣ける話の巻

桜咲く前に晴れてリス寅になるんですが(保育園)こっちから「願下げだい」ってぐらい始末の悪い保育園だった
でもねぇ…子どもは可愛いのョ、その別れが堪らなく切ないのです
うちは子宝に恵まれず、尚更愛おしくて指折り「後何日こうして抱っこして眠らせてやれるだろう」と思うとそれだけが悔しくてなりません
昨日は結婚記念日で出掛けました。連れ合いがトイレに行き、ふと独りになってしまうと思い出して溢れそうな涙を堪え待ちました
昨年の四月、生後二ヶ月・早産で小さかったあの子が今では呼び掛けると体一杯で応えくれて最高の笑顔を見せてくれる
途中、乳児院に預けられ退園しても「我が儘言わずちゃんとミルク飲んでるか」心配したョ
だからまた再園して来た時は嬉しかったし、ホッとした
そんな事を考えてたら私の父ちゃんから着信有り
「んもぅ…空気読んでよ!!」と思い自宅にかけ直すと母ちゃんが出た。ひとしきり話して「お父さんと変わってやるね」とバトンタッチ
ほろ酔いの父ちゃん(大工で、頑固で、兄と姉に厳しく、私に甘い)
「昨日は誕生日だったろ?おめでとう!焼酎飲みよったら忘れとった。だけん今日掛けたったい」だって…

私、31のバースデーでした。孫も見せてやれない・リス寅の娘なのに…
父ちゃん有難う。やっぱあんたの娘で良かった
愛情も沢山もらった。曲がった事は許せない所はそっくりだ
だからこそ保育士になったんだね
また胸張って保育園の先生するョ
大工は一生修業・保育士も一生修業
父ちゃん空気読みすぎ!
ここがあって吹っ切れました