泣かさないで

大好きなお父さん

お父さんが死んでアタシはひとりぼっちになってしまった

心の病になったアタシを唯一理解してくれていたお父さんが居なくなって、アタシはホントにひとりぼっちになってしまった

本当に辛くて死んでしまいたくて
お父さんは何時間もアタシの話を真剣に聞いては、怒ったり励ましたり

あの日お風呂からあがったばかりのお父さんは、パジャマも着ないでパンツ一丁でアタシの電話に出ていたとお母さんに後から聞いたよ

風邪をひいてしまったと聞いた時は、それが原因だと思いもせずに
馬鹿なアタシは自分ばっかり

涙がね
お父さん死んで八ヶ月もたつのにね
次から次へと溢れてきて

泣かさないで
突然アタシの記憶を呼び起こしては
たくさん泣かして楽しいか!

会いたいよ
会いたい

夢にでもいいから
会いに来て