放置する身になったら分かる話。

家族でお出かけ中、4つ違いの妹(当時小学生)がビタン!と転倒、
泣き叫ぶ 妹を親父は抱き起こし、泣きやむまでおぶって歩いた。
 厳しい親父だったし、俺はそんな事してもらった事はなかった。
小坊だった俺
はその場では文句も言えず、後で母親に「ずるい…」とか拗ねてみせた覚えがある。
それから十余年、俺が一九の時に親父が胃ガンになった。告知はしていなかっ
たが
親父は自分の病状に気づいている様子。見舞いに行ったある日、親父は俺に こう言った。
 「10歳の時、○子(妹)が転んだ事、覚えてるか?」
 「うん」
 「母さんから聞いた。悪かったと思ってる。でもな」
 「今更何だよ」
 「○子は優しく育って欲しいから助けた。おまえは強く育って欲しいから
  放っておいたんだよ」
 「・・・・」
泣いちゃいけないと思いながら、泣けて仕方なかったよ。