指定席

コミックマーケットではなく、地元の小さな即売会での事だけど。
すごく面白い同人誌に出会えたんだけど、もう予算がなくて提示されてた額が出せなくてさ。
先に挙げた(他の人から見れば馬鹿馬鹿しい)ポリシーみたいなのは既に頭の中にあったから、
値切るなんて毛頭なくて、そのサークルさんが次回参加するイベントでは絶対買おうと思って、
今後の参加予定を思い切って話し掛けて聞いてみた。
やっぱり、一寸怪訝な顔をされて、参加予定のイベントを教えてくれたけど、
何故そんな事を聞くのか、と質問されたので、正直に
「あなたのサークルの同人誌が欲しいが手持ちが無いので、次回のイベントで必ず購入したいから」
って答えた。多分赤面してたと思う。そしたらサークルさんは一寸照れた感じで
「そんなに気に入ってもらえたなら、一冊もらってくださいな。」
って言ってくれた。

でも、対価も払わずに頂く事はどうしても出来なかったので、
その時出せるだけの(本当に恥ずかしかったけど)小銭を全部出した…迷惑だったろうな。
でもサークルさんは「ありがとうございました!」っていってくれた。
自分も「こちらこそありがとうございました!」って、お辞儀してスペースを離れたよ。

その時のサークルさんは、もう活動を休止しちゃったけど、同人誌ケースの一番取り出しやすい場所が、
そのサークルさんの全同人誌の指定席で、今日もきちんと並んでます。その時の本だけは2冊ですけど。