手書き

 907 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/06/14(金) 17:31:28.26 ID:/X+QHxA9
自分の武勇伝ではないけど

スーパーへ買い物に行ったある時、レジがシステムダウン(?)して
バーコードを読み取れなくなってしまった。1つだけじゃなく全部。
それでお店の人は電卓使って手書きの伝票を発行して対処したんだけど
当然バーコードシステムより遅い。
混む時間帯ではなかったのに、どんどん列が長くなって
怒りだしたり怒鳴ったりする人こそ居なかったけど、
全体的にイライラカリカリした雰囲気になってた。

私もかなり待ってやっと順番が来た時にはかなりうんざりした気分だった。
その時私の前に清算を済ませたおばあさんが、レジの女性に向かって
「ねーちゃん、あんたの仕事ぶりをさっきから見てたけど、すごい頑張ってはるねえ。
大変やのに一生懸命やってくれてありがとうなぁ」
その言葉で、そこだけじゃなくレジ全部のカリカリした雰囲気がさあっと消え去った。
レジのお姉さんは「あ、ありがとうございます」と言って深々と頭を下げ、
そしてさっきまでの固い表情でなく、笑顔で私の買い物の清算をしてくれた。
ああやってあったかい雰囲気をつくれるおばあさんになりたいと思った。