感謝

A子ちゃんが中学生だったときの話です。
彼女の父親は昔から病弱で、入退院を繰り返す生活をしていたそうです。

しかしある日、A子ちゃんが学校に行っている間に、父親が意識不明になってしまいました。
もちろん父の危機はすぐに学校にいるA子ちゃんにも知らされました。
その場で泣き崩れるAちゃん。
あまりのショックで病院にすぐ駆けつけることなどできなかったそうです。

でも、そんなときA子ちゃんの大親友だったC子ちゃんがA子ちゃんに平手うちをくらわしてこう言ったそうです。

「これから泣くのはいつだってできるでしょ!!今しか生きているお父さんに会えないかもしれないんだよ!!
今をのがしたら、A子には後悔しか残らないよ!それでもいいの!」

といって、授業の途中にもかかわらず、A子ちゃんの腕を無理やりにでもひっぱって、A子ちゃんの父親のいる病院につれていってくれたそうです。
病院に着くや否や、父親の状態が明確に伝えられ、すぐに手術をしないと今日中になくなってしまうと言われたそうです。
でもそこに問題がありました。

そこの病院には長時間の大手術ができるほどの輸血がなく、手術はできないとのこと。
そして他の病院に搬送できる時間の余裕がないことから、
A子ちゃんとその母親は父の死を覚悟したと言っていました。

でも、それを聞いたC子ちゃんは、「ちょっとまってて」といってでていき、
しばらくすると中学のクラスメイトと共に病院にかけつけてくれたそうです。
クラスメイトはみな走ってきたからでしょう、額に汗を流し、息も切れ切れにこういったそうです。

「C子から話はきいた。A型のやつがそろっている。はやくおれらから血を抜いて、
おまえの親父の手術に役出ててくれ!」
みんな笑顔でA子をはげますとともに、協力を願い出てくれたのです。
そしてみんなの協力があいなって、A子の父親は一命をとりとめたそうです。

あとから聞いた話ですが、みんながきてくれたのも、
C子が息をきらしながら血眼で授業中のクラスに飛び入ってきて、
みんなに泣きながら協力を願ってくれたからだそうです。彼女の父親を助けてあげてと。
そして授業中にもかかわらず、A子のためと全クラスメイトが一丸となって動いてくれたのです。

なぜ彼女がそこまでしてくれたのか。それにはわけがありました。
彼女は幼いときに父親を交通事故でなくしていたのです。

父親の最後をみられなかった悲しみ、助けてあげられなかった悔しさから、A子をなんとかしてあげたいとおもったのでしょう。
C子はA子と自分自身をかさねていたのでしょうね。

A子は思い出すたびに、C子を心から感謝しているとのことです。