息子の誕生日

今日は息子の二十歳の誕生日でした。
息子と私たち夫婦に血の繋がりはありません。
生まれてすぐ施設に預けられた息子を私たちで引き取り育てました。

しかし、そのことを言うことができずにに今日まで過ごしてきました。
私たちが産みの親ではないと知った時、息子はどんな思いをするだろうか。
どんな目で私たちを見るようになるだろうか。
それが怖くて今日まで言うことができませんでした。
散々話し合った末、今日この日に全てを伝えようと二人で決めました。

夕方、仕事から帰ってきた息子に二人して全てを話しました。

息子は話を聞き終えるとゆっくり顔を上げ、こんなことを言いました。

「離婚の話じゃないの?」

予想外の質問にあっけに取られながらも、離婚話じゃないと言うと笑いながら

「よかった~w。ここ何ヶ月か二人とも暗い顔してたし、今朝なんか二人して真剣な顔で
今日は早く帰れなんて言うからてっきり離婚するのかと思って心配で一日仕事にならなかったよw」

まじめに話を聞くように言うと息子は、
「俺は父さんと母さんの子供で本当によかったと思ってる。今日まで立派に育ててくれてありがとう」

そう言うとニッコリ笑いながら缶ビールを開け、こちらに傾けました。

初めて息子と飲んだ塩気がきいていて
でもとても美味いこの酒に
私はこの先、出会うことはもう無さそうです。