少し前に図書館で戦争カメラマンが撮影したイラク戦争の写真集を見た…

少し前に図書館で戦争カメラマンが撮影したイラク戦争の写真集を見た…
その写真集の表紙にはこう書いてありました…
「私は戦争というものがどんなものか…
どれだけ愚かなものか…
どれだけ恐ろしいものか…
どれだけ悲しいものか…
それを全世界の人に知ってもらうためにこの写真集には一切モザイク等は入れません」
中身はかなりグロテスクなものまであった…
首が無い死体やら自爆したテロリスト…
米兵に石を投げるイラク人の子供達…
だけど最後の方にあった写真が今でも忘れられなかった…
その写真は若いアメリカ兵の死体を撮ってあったのだが…死体はうっすらと涙を流し、側にはその兵士のかぶっていたヘルメットが転がっていた。ヘルメットの内側は奥さんや小さな子供など家族の写真が隙間無く貼り付けてあった…。
そしてその兵士は手紙を握りしめていて子供の字でこう書いてあった…
「パパ死なないでね!お帰り待ってます。」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です