宝物ボックス

俺が、中2のときだった。
けっこう前から幼馴染で恋心も抱いてたKって言う女子がいた。
でもKは俺の数倍かっこいい男子と付き合っていた。
俺がかなう相手でもなかった。
彼女自身がそれを伝えてきたので、むちゃくちゃ複雑な気持ちだった。
それからか、時々恋愛経験のない俺にいろいろ悩みを相談してきたりした。
俺は、正直話聞くだけで嫌だったんだが…
だけど、ある日
そこらにある人気のない公園でなんとなくペンダントをしてKの相談に乗っていた。
Kは彼氏と関係がちょっと危ういやらなんやら、と言ってた。
そこで、話が一段落したらKが聞いてきた。
K「…そういえば、そのペンダント何~?」
俺「ただの安物。」
実際は、けっこう値のはるものだった。
当時の宝物のひとつだったし
K「へぇ~。」
Kはそういったら、さりげなく後ろに回りこんでささっと俺のペンダントをとった。
で、一言。
K「仲直りってことで、これ彼氏にあげてくるね♪」
なに言ってんだこいつ。
他人(男)のお古を普通彼氏に渡すか?
俺「おい、ちょっとま…」
マジで行った。
K「大丈夫!大切にしてくれるよw」
公園の出口で少し手を振って、消えていった。
その後のことは、後日相談を受けたときに聞いてみたが話をそらされた。
そしてその2ヶ月ほどが過ぎたとき
Kは車にひかれて死んでしまった。
かなり急なことだったから、その事を聞いた時は、全く動けなかった。
葬式のときも、まだ素直に現実を受け止められなかった。
家に帰った後
どうしても抑えきれず、Kのお母さんにKの部屋を見せてほしいと頼んだ。
幼馴染でよく遊んでいたからかKのお母さんは、多少迷いながらも頷いてくれた。
Kの部屋に入ってみたら、どこか懐かしい香りがした。
思い出にふけりなら、部屋を見ていると
タンスの上に箱があった。
「宝物ボックス」と汚い字で書かれていた。
恐らく、小さいころからずっと使っていたんだろう。
そっと開けてみると
中には、ちっちゃな消しゴムやら鉛筆やら友達とピースしている写真やらが、沢山入っていた。
その中に、俺のあの時のペンダントがあった。
思わずドキッときた。
えっ…?
よく見てみると、さっきの消しゴムの一部や鉛筆の端っこには、俺の名前がうっすらと残されていた。
もしかして…
そう思った瞬間、急に涙があふれてきた。
止められやしなかった。