失敗をせずに前進できることなんてほとんど稀

失敗をせずに前進できることなんてほとんど稀だった。何かを恐れ、回避し、ごまかしながら前進したとしても、上に行こうとすれば、ほとんどの場合回避したはずの壁にぶち当たらざるを得ない。ぶち当たるというか、その壁を越えなければ結局上にいけないような仕組みになっているのだと僕は感じている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です