声を聞かせて下さい

15年前の話です。
今でもそうだが人付き合いの苦手なオレは、会社を辞め一人で仕事を始めた。
車に工具を積み、出張で電気製品の修理や取付の仕事。
当時まだ携帯電話は高価で、俺は仕事の電話をポケベルに転送し、留守電を聞いてお客さんに連絡するという方法しか取れなかった。
生活さえギリギリだった。
ある日 母親が九州の実家から関東の俺の家まで訪ねてきた。
遠くから来た親をいたわることもせず、無愛想な俺、ホントにバカだ。
俺を心配し、掃除、洗濯 料理を作り山ほど食糧を置いて母は帰郷した。
バカ息子は見送りもしない。
仕事から帰宅した俺は母の手紙を見つけた。
「仕事頑張って下さい、少しですがこれで携帯電話でも買って声を聞かせて下さい。」
手紙にはお金が同封されていた。
手紙を手に俺は、わあわあ泣いた。 
カメラやメールなんて出来ない。メモリーも50件しか入らない初期の電話。
でもこの電話にどれだけ助けられただろう。俺には最高の宝物。
母の日に電話を送った。ちゃんとお礼をいわなければ。
「おかあさん どうもありがとう」と。