双子

 200 名前:1/2[sage] 投稿日:2013/04/24(水) 23:50:07.86 ID:DeHe3Tzy
自分の武勇伝じゃなくて、祖父の決断に関しての武勇伝かもだけど。
サンホラ聞いててて何故かふと思い出した昔話。
書くところが無いんでココに。

ある時、法事で親友が出来た。
母の従姉の再婚相手の連れ子で同い年、すぐに意気投合。

テンプレながら母従姉の連れ子(はとこ)とは差別されていて、
はとこは私立中受験(ハッキリ言って頭悪いし汚いし、受かりそうに無いなって思ってた)
だけど、連れ子ちゃんは公立に行け、塾なんか要らないと言われていたそうな。
これは母が法事で立ち聞きした話。

その後も連れ子ちゃんとはよく遊んだし、ウチに招いたり招かれたり、
一緒に祖父と伯父の家に遊びに行って、ついでにみんなで一緒にデパートにお出かけとかした。
デパート行く度に毎回知らないおじさんがニコニコしながらついてきたんだけど、
(パフェやお菓子のタダ券をくれるので、「タダ券おじさん」とか呼んでた)
おじさんから「お嬢さんたちはご兄弟で?」と言われたので、
にっこりして「双子です!」と答えたのはいい思い出w

本家筋で跡取り長女(伯父夫婦に子供が居ない)の自分の婿にと目論んでたらしく
母従姉はしきりにはとこをけしかけて、連れ子ちゃんを引き離そうとしたけど、
負けずに連れ子ちゃんについていく。

だんだん母従姉がイライラしてきたのか(はとこの成績が振るわないのもあったと思う)
連れ子ちゃんに殴る蹴るの虐待をするようになった。
真似してはとこも暴力を振るう。
旦那さんは激務で空気。