原動力

がある。
家の中が殺伐としてた時期に、幼かったあたしはその空気がどうしても耐えきれなくてい
つも家族の前でバカみたいなことばかりしてた。少しでも空気が和らぐように必死で学校
にいても家にいても毎日くたくただった。
夜中に顔を枕に押しつけて何度も泣いた。もうやだ、苦しい、って何回も思った。
同じように夜中に泣いてた夜に、隣の部屋からお父さんとお母さんの声が聞こえてきた
の。真剣な声で、苛められて荒れてたお姉ちゃんのことを話してた。「あたしのことは見
てくれないの?」ってすごく悲しくて…だけどその後に言ってたね?「○○には酷な時期
だよな。一番目をかけて欲しい時なのに、お姉ちゃんにしか家族みんなにの目が向かなく
て。」「あの子も苦しいだろうに、笑顔で毎日明るく振る舞ってくれて。親としては頭が
下がる、申し訳ないけど今はあの子の優しさに助けられてる」、だったっけ?
すごく、本当にすごく嬉しかった。ちゃんと見ててくれるんだって思えたよ。
あれから家の中も落ち着いて、あたしも大きくなって家を離れて暮らすようになって。そ
の間に幾つも苦しい時期があったけど、いつだってお父さんとお母さんの深い愛情に支え
られてきました。生意気なあたしをいつだって信じて見守ってきてくれた。本当に心の底
から感謝してます。
お父さんが初めて泣いた日も、お母さんが初めて泣いた日も、どっちも覚えてる。今な
ら、二人がどんな苦労を乗り越えてきたのかも昔よりは分かるんだ。
あたしはいつだって、家族みんなに愛されてるし支えられてる。そう思えば、何だってで
きるし頑張れるの。
我儘で迷惑も心配もかけ通しの娘だけど、
家族みんながあたしの誇りです。たくさんの気持ちがあたしの原動力だよ。
あえて苦労した話はしません。ただ、大切な人に真っ直ぐ向き合えるような自分でいたい
と思う気持ちを忘れないために投稿させていただきました。