北斗の台に座ったらさ、その隣にウチの母親が座ってたの。もうマジでびびった

昨日、スロットやりに近所のホールに行ったんですよ。

で、北斗の台に座ったらさ、その隣にウチの母親が座ってたの。もうマジでびびった。
そのホールは実家から遠い所にあるし、母親は基本的にパチのシマにしか行かなかった人だし。それに勘当同然で家追い出されてから、一年ぶりくらいに顔合わせあってのもあって、もう本当に気まずくて。

シカトして席を立つ訳にもいかないし、どうしようどうしようってテンパってたら向こうから「元気そうだね」って話しかけてきてさ。
「うん」って答えたら、「あんたパチスロなんかやるのねー。お金も困ってなさそうね。安心した」って言われて。その言葉に胸のあたりがウアーッて熱くなって、此処が店だって事も忘れて泣いちゃったのよ、恥ずかしいんだけどさ。
んで「いつでも帰って来て良いんだからね」って言葉に更に大泣き。

私は涙流しながら、母と一緒に仲良く打ちました。
その後、私は単発地獄-50k。母はボヌス大爆発、ラオウ昇天×2。
母はやはり偉大です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です