勉強

 85 名前:既にその名前は使われています:2009/06/08(月) 22:10:27 ID:NTug+9Gx
大した話ではないんだが、というかここで話す事なのかは知らんが

むかーし高校受験を控えた中3で11を始めたぼっちな俺は、まあかなり熱中していて
ちょくちょく学校サボってPCにかじり付いていた。そんな俺の身の上を軽く知っていた
SLの大学生とそのフレが「勉強は大丈夫なのか」と冗談交じりによく聞いてきた。俺は曖昧な
返事をしつつそれを煙たがっていた。それでも進学に対して若干の不安はあったのだが、オンゲーよろしく
ゲームから離れられず少し困っていた。そんな事をその大学生にうっかり愚痴ってしまったら、
何を思ったのか、勉強を教えてやるとか言い始めた。果てしなくうざかったが、まあネトゲでも
ぼっちだった俺は数少ない話しかけてくれる奴の機嫌も損ねたくないし、なによりも俺なんかに
かまってくれるのでしぶしぶながらその大学生に数学と英語と国語を教えてもらった。ゲームを毎日8時間やっていた
俺はその内の1時間半、教科書とワーク開いてチャットやメールでわからないところを聞くという奇妙な事をやっていた。
その大学生がいない日は大学生のフレに教えてもらってた。それがきっかけか、俺はわずかにゲームの時間を減らし
自主的に勉強をするようなり、次第にその時間は増えていき、入試の2週間前は一度もinする事がなかった。