俺の方こそごめん

あの日俺は彼女と些細な事でケンカをしていた。険悪なまま彼女は車で仕事へ行った。俺は友達に会って彼女の愚痴を言いまくってた。
そして彼女の仕事が終わる頃にメールを送った。

相変わらず内容は、あーでもない、こーでもないとくだらないやりとりだった。
そのうち彼女から返信が来なくなったけど、ケンカ中だったし何にも気にも止めなかった。
1時間くらい経って彼女の携帯から電話がかかってきたんだ。

俺はわざとめんどくさそうに出た

「はい。」

そしたら受話器の向こうからは、彼女じゃなくて別の女の人の声で
「あんたのせいだ!!」
「あんたが殺した!」
とか、凄い勢いで怒鳴っていた。

俺が訳もわからず戸惑っていると、今度は落ち着いた男の人に代わった。
彼女は、車で電柱に正面から突っ込んで、死んだ。
「おそらく運転中のメールが原因の不注意による事故でしょう」
電話の向こうで、たぶん警官だと思われる落ち着いた男の人の声でそれを聞かされた。
放心したまま電話を切ると、俺の携帯が1件のメールを受信しました。

それは事故直前の彼女からのメールでした。
「なんか意地はっちゃってごめんね。」
俺は彼女のご両親からひどく避けられ、お葬式にも顔を出させてもらえなかった。

まだ彼女に…
「俺の方こそごめん」
って、返信出来てないんだ。

言いたかった。

ごめんって言いたかった。

そしてホントなら、今もずっと一緒にいたかった…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です