余命2週間の息子

ある夫婦。
子供の命があと2週間と宣告される・・・。
子供は診察を受けた病院に緊急入院。
あと、2週間しかない時間の中でその夫婦は可能な限り子供との時間をとろうとする・・・。
子供は
「退屈だ!!。」
「外に遊びに行きたい!!。」
「病院のご飯はまずい!!。」
と親にわがままばかり言う・・・。
しかし、子供に残された時間はあと2週間。
まだ小学校にも上がっていない子供に少しでも楽しい思い出を残してやろう。
どんなわがままも聞いてやった。
そう、この子の命はあと2週間なのだから・・・。
家に帰りたいと叫ぶ子供に
「2週間したら退院できるから・・・。」
となだめすかす夫婦・・・。
そして2週間がすぎた・・・。
子供は・・・すっかり元気になってしまったのだ。
医者曰く「おかしいですね。この症状なら100%死ぬんですけど・・・。」。
夫婦は喜んだ。
死ぬと思っていた子供が助かったのだから!!。
しかし、事情を知らなかった子供は
「どうして退院の日なのに着替えを持ってきてくれなかったの!!。」
とまだわがままを言うのであった。
ちなみにこの子供が私です。
退院後半年ほどして両親がホントの事を教えてくれました。
皆さんの書き込みを読んでいると、その時の両親の気持ち考えると涙が出てきます。
父さん母さん、自分が生きている内はしっかり親孝行するよ