ヤマハピアノを世界に広めたピアニスト

172 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 12:24:20 ID:63oZRhO/
ピアニスト中村紘子のエッセイを読んでいたら、イタリアの生んだ名ピアニスト、
リストの再来と呼ばれたベネデッティ・ミケランジェリの面白いエピソードがあった。彼は1965年初来日。
「しかしこの初来日以来、何があったか知らないが、ミケランジェリは絶大なる日本びいきになってしまった。
その結果として、日本人の若い女性の弟子が、突然増えた。なにしろそんな中の一人で私の幼馴染だった某女流ピアニストが断言したのだから、間違いない。
「彼はね、日本人とわかると生徒にしてくれちゃうのよ」
(略)
さてミケランジェリの日本人及び日本びいきは、日本からの弟子を取るにとどまらず、
日本のピアノと調律師をひいきすることにも及んだ。
恐らくミケランジェリは、日本のヤマハピアノとその技術を世界の桧舞台に本格的に紹介した、初めての第一線の演奏家ではなかったろうか。
私の尊敬する友人でポルトガルのピアニスト、ホセ・ド・セケイラ=コスタはあるとき思いがけないプレゼントを受け取った。
ある朝、自宅のドアを開けてみたら見知らぬ日本人が立っている。
「私は日本のヤマハピアノの技術者ですが、ミケランジェリ先生のご依頼により、あなたのピアノを調律にミラノからやってまいりました」
ミケランジェリはお気に入りの調律師、村上輝久氏の技術を、セケイラ=コスタにプレゼントしたのである。
この村上さんとミケランジェリとの出会いも、65年の来日がきっかけであった。そして村上さんは、
その翌年の66年、ほんの一ヶ月の滞在のつもりでミラノにやってきて、結果的には4年もいることになってしまった。ミケランジェリに引き止められてしまったからだ」

スポンサードリンク