オッちゃん

 754 名前:二分の一。[sage] 投稿日:2006/07/10(月) 02:20:49 ID:68iolcdC

俺の人生の恩人な、良い人。

自分、父親が単身赴任で、しばらくは母子家庭みたいな状況で育ってた。
んで、母親もパートで出掛けてて、帰ってくるのは夜になってから。ずっと、鍵っ子だった。

んで、俺が小学校入る前ぐらいか。ファミコンも持ってなかったし、退屈だったから、家の前の公園でブランコ漕いでた。
んで、腹も減って母親も普段より遅くて、七時ぐらいの真っ暗な中、しょぼくれながらブランコこいでたら、
やたら細身のスーツ姿の少し頬のこけたオジサンが歩いてきた。最初は公園の中を普通に通り過ぎただけだったけど、
暫くたって、二度目通り過ぎた時、本屋の袋を持って、「少年、帰らないのかい?」と話しかけて来た。俺は適当に応えたら、オッサンはまた通り過ぎてった。
んで、またオッサンが来た。今度はミスタードーナツの箱を持ってきた。んで、これ見よがしに俺の前のベンチで食い始めた。

んで、俺も当時は子供だったから、ソレをじーっと見てたら、オッサンがニヤリと(アレは絶対ニコリではなかった)笑って、こっちにドーナツを一個くれた。
今でも大好きなエンゼルフレンチだったのを鮮明に覚えてる。んで、色々話した。普通に、「母ちゃん幾つ?」とか、当時の仮面ライダーの話とか。