みーこ

私が生まれる前から
私の家には猫がいた
白くて、ふわふわで、温かかった
私はミーコが大好きだった
ミーコもそんな私に懐いてくれた
父が入院し、母も体調が悪くなったときも
中学入試をさせたがった母が、
何一つできない私に怒り、家の外に追い出され
一人で泣いていたときも
両親が働きに出て寂しいときも
ミーコはいつもそっと傍に居てくれた
ただ隣に座っていてくれるだけで力をもらえた
私は無事母の言っていた私立中学に合格した。
しかし
中二の冬休みに母は言った。
「中学校を辞めて、公立の方に行きなさい。」
そんなの嫌だった
だけど
母は私にもっと上の高校に言って欲しいと言った。
立派な人間になってほしいと言った。
気持ちは嬉しかった。
私を思ってくれてた。
私の頭にはこの母の説得を押しつぶせることができる
そんな言葉を思いつくことが出来なかった。
毎晩泣いていた。
新しい学校でいじめもうけた。
近所の大人たちは陰口をいい、話してくれなかった。
母を恨んでしまう自分が情けなかった。
先が見えなくて不安だった。
そんな頼りない私が心配だったのか、
ミーコは二十歳になった。
人間で言うと120歳だと聞いた。
中三になりある模試で学校で一位になった
母も褒めてくれた。
私は久しぶりの満面の笑みでミーコに報告した。
ミーコの声が少し高く、明るく感じた。
私が1位だったことが広まると、
いじめはだんだん少なくなっていった。
ミーコはだんだん弱っていった。
そしてある日
学校から帰ると
小屋の中で死んでいた。
冷たかった…
はじめは全然涙が出てこなかった。
ミーコが居なくなるという実感がわかなかった。
ミーコの墓を作っている間
私は何も話さなかった
家に帰って、落ち着くと急に実感がわいてきた
涙が溢れ出した
私はまたミーコの墓まで走って行き、言った
「ミーコ、今までありがとう。」
そう言って涙でぐちゃぐちゃな顔で笑った。
もう私は大丈夫だよ。
しっかり笑って生きていくよ。
だから…安心してね。
天国で会えたら、ミーコと話がしたいな…
今度は私が聞いてあげる。
私も楽しい話が出来るように今から頑張るね。
『ミーコ、本当に大好きだよ。』