ほろり

俺の嫁さんのお父さんが亡くなった ガンだった 嫁さんは最後の一ヶ月嫁さんは付きっきりで看病し、病院で寝泊まりしていた。
嫁さんにしてみればソレほどに愛したお父さんだった。
葬儀が済み、四十九日も済んで納骨した後、彼女はお父さんの携帯の解約に行った。
それに俺も付き添った。

携帯ショップに到着し、書類を書いて、店員さんが解約の手続きを行う。
『ではこれで解約となります。ヨロシイですか?』と確認したら、嫁さんが『チョット待って下さい』と言い、
自分の携帯からお父さんの携帯に電話した。 誰も出るはずがない電話。 そのうち留守電に切り替わる。
『お父さん 今まで本当にありがとう ワガママな娘だったけど、許してね。
私お父さんの娘で本当に幸せでした。 さようなら』と留守電に登録した。
嫁さん・俺・ショップの店員さんみんな泣いてました。