おかんへ最初で最後の手紙

中学に入り気持ちが荒れはじめ悪い事をたくさんした。バイク、喧嘩、たばこ、酒、知り合いの兄ちゃんに頼みこんで入れ墨まで入れいきがっていた。警察から毎日の様に電話がかかりおかんは頭を下げあやまっていた。俺はそれを見て何とも感じない程腐りきっていた。
そんなある日おかんが病気になり入院した白血病だった
それから二年後おかんは死んだ。
数年がたち俺もやっと落ち着いて結構する事になった。
ささやかだが結婚式も挙げた。
結婚式も終盤をむかえるころばーちゃんが出てきて手紙を読み始めた。
『だいちゃんへ』と言うタイトルだった。その手紙は天国のおかんからだった 後から分かった話だがおかんが入院中に書いてくれたのを祖母に預けていたらしい。俺はボロボロ泣いた。人前で初めて泣いた
なぁおかん。
本当ありがとう。