いつか親孝行できるよう

大学の時、私は実家を離れて一人暮らしをしていました。
一人暮らしに慣れて、なかなか実家に帰らずじまいでした。
ある日、まだ講義を受けている時間に、電話がかかってきて、
「今、アンタの下宿先にきてるから、はやくかえっておいで。」と言いました。
私はちょうどそのころ、男に二股かけられ、あげくの果てに、授業もいそがしく、
友達には裏切られ、精神的にまいっていて、イライラしていました。
私は母に、
「どうして連絡ナシに、急にくるの?!私だって予定があるのに!
もう、かえって!!」と、言ってしまった。
家に帰ると、机の上に母が実家から作ってきたお弁当とおこずかいと手紙。
「暖めて食べなさい。体に気をつけて頑張るんですよ。何があってもお母さんは
あなたの味方です。母」
私に、何かがおこったというのを、多分感ずいたのでしょう。
その手紙と、手作りのお弁当を見て、大泣きしていました。
あとから弟から聴いた話では、母は目を真っ赤にしてかえってきたそうです。
そんな私も、卒業して、地元に就職。
ケンカも未だにするし、八つ当たりもしちゃうけど、
お母さんの子で、良かった。
いつか親孝行できるようにがんばるね。