いつか、親父の癌を治せるように。

高校1年の夏休み、両親から「大事な話がある。」と居間に呼び出されたんだ。親父が癌で、もう手術では治りきらない状態であると。

暑さとショックで、頭がボーっとしてて、変な汗が出たのを憶えている。
当時、うちは商売をしていて、借金も沢山あった。

親父が死んだら、高校に通えるわけがないことは明白だった。

そして俺はお世辞にも優秀とはいえなかった。

クラスでも下位5番には入ってしまう成績だった。
その夏から、親父は、抗がん剤治療を開始し、入退院を繰り返していった。

メタボ体型だった親父が、みるみる痩せこけていった。

母親の話では、主治医の見立てでは、もって1-2年だろう、ということだった。

ただ、親父は弱音を吐くことはなかった。

親父は「高校、大学はなんとかしてやるから、しっかり勉強しろよ」って言ってたよ。

仕事もやりながら、闘病生活を続けていた。
俺といえば、目標も特になく、高校中退が頭にチラついて勉強は進まなかった。

ただ、ボーっと机に向かって、勉強するフリだけはしていた。

せめて親父を安心させるためだったと思う。
だから、その後の成績も、とても期待に添えるものではなかった。

ただ、親父の「高校、大学はなんとかしてやる」の言葉が、重かった。
「おまえ、将来、何かやりたいことはないのか?」

高校2年の冬、痩せこけた親父に問いかけられた。

俺は、期末テストで学年ビリから2番をとり、担任からも進路について厳しい話をされていた。

言葉もない俺に、怒ったような泣いたような顔で親父は言った。

「・・・ないなら、、医者になれ! ・・・勉強して、医者になって、おれの病気を治してくれ!」
上手く説明できない熱い感情に、頭をガツンと打たれた。

自分への情けなさとか、怒りとか、色々混じったものが込み上げた。

その時、親父には返事を返すことはできなかったが、俺は決意した。

それから、猛烈に我武者羅に勉強した。
高校3年の夏、親父は逝った。

親父は、闘病生活の2年間で借金を整理し、俺の高校の学費をなんとか工面したそうだ。

親父のおかげで、高校卒業できた。

そしてありがたいことに、1年間の浪人生活を経て、俺は地方の国立大学の医学部に合格した。
俺は今、癌専門治療医として働いている。

親父は、「あいつは、将来おれの病気を治してくれるんだ」と母に言ってたそうだ。

まだ、親父の癌を治す力はないが、日夜頑張っているよ。

いつか、親父の癌を治せるように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です