ある日、学校から帰ったら母がいなくなっていた

ある日、学校から帰ったら母がいなくなっていた。

 

鍋の中には、私達姉弟の大好きなロールキャベツが作ってあった。

もう味は覚えていないけれど、大好きだったんだよなぁ・・・。

 

今、二人の子供の母となってあの日、母がどんな気持ちでロールキャベツを作っていたか少しわかったような気がする。

でも私には、子供達を置いて行くなんて事は、絶対にできない。

8歳の時の記憶だけれど、トラウマになっているのかも。

 

自分の子供たちには、まだ一度も「ロールキャベツ」を作った事が無い。

母がいなくなって、色々辛かった。

ここには、とても書けないような事も沢山あった。

でも今は、自分でも信じられないくらい穏やかな毎日を送っている。

 

娘の机の落書き。
「ままだいすき」

私の宝物です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です