授業参観に祖母が来たときなんかは恥ずかしくて殺してやろうかとさえ思ったほどだった。悲しそうな祖母を見ても俺は相変わらず悪態をつくことしかできなかった。

773: 大人の名無しさん 03/09/21 06:51 ID:EKXVQd69
死んだ祖母のことを書きます。
俺の両親は俺が5歳のときに離婚し、母に引き取られたものの母は忙しく、それからはずっと祖母(母方)と暮らしていた。
一人っ子の俺は何かというとすぐ手を上げる母にはあまりなつかず、そんなときは祖母はいつも俺をかばってくれていた。
母は母で自分になつかないわが子が面白くなかったのかもしれない。祖母に買ってもらったおもちゃをみてはよく母に叩かれたものだった。
しかしそんなときは決まって母が祖母に叱られていた。
母に対する祖母の態度には俺に見せるそれとは正反対の、子に口答えをさせない戦前の親の厳しさがあり、そんな祖母を見ては
不思議な感覚を覚えたものだった。夫を戦争中に亡くし、終戦直後の混乱期を女手ひとつで厳しく母たちを育ててきた気丈な祖母
だったが、その反動で孫である俺には溺愛ともいえるほど甘かったのかもしれない。

そんなふうに人一倍甘やかされた俺は当然のごとくわがまま放題なクソガキになっていた。
金がなくなれば祖母の財布から抜きまくるし、友達が遊びにくると、祖母が母親のようにおやつを持って来てくれること
がはずかしくて「あっちいけババア!」とか言いまくるし、何か気に入らないことがあればすぐに手や足が出る……どう
しようもないクソガキだった。授業参観に祖母が来たときなんかは恥ずかしくて殺してやろうかとさえ思ったほどだった。
祖母はそんな俺を見ては悲しそうな顔をしていたが、でも俺は相変わらず悪態をつくことしかできなかった。

ドラクエ3の冒険の書が消えて、やっと兄の死を実感した

107名前: 番組の途中ですが名無しです 投稿日: 2006/08/09(水) 01:49:25 ID:1QAlKNBb0 

私には、兄がいました。 
3つ年上の兄は、妹想いの優しい兄でした。 
ドラクエ3を兄と一緒にやってました。(見てました。) 
勇者が兄で、僧侶が私。遊び人はペットの猫の名前にしました。 
バランスの悪い3人パーティ。兄はとっても強かった。 
苦労しながらコツコツすすめた、ドラクエ3。おもしろかった。 
たしか、砂漠でピラミッドがあった場所だったと思います。 
とても、強かったので、大苦戦してました。 

元米兵のじいちゃんが日本人のばあさんに一目惚れした話

277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/03/31(水) 22:37:56.93 ID:n2uFp0IsO
177 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2008/06/26(木) 22:26:29 (p)ID:SS6FJz9B(2)
和めるかはわからんがうちのじいちゃん(元米兵)の話。
昔昔、まだ日本に米軍がごろごろいた頃、休暇だかなんだかに街に繰り出した時に、
配給を配ってたばあさんに一目惚れして、居ても立ってもいられずばあさんに
会いたいがために脱走したことがあるそうだ。それも何度も。
ばあさんは「鬼畜米英」を教え込まれていたのでものっそい不審がって逃げ回ってたそうだが、
それでもばあさんに会って、できれば恋仲になりたいと願い続けて、
日本贔屓の上司にどうやったら日本の女性と付き合えるのか聞いて、
日本語で恋文をしたためたり、貸してもらった和歌集から恋歌を抜粋して送ったり、
積極的にいくと日本の女性は怖がると聞いたら遠巻きに立って
「ここから一歩も近づきません!」と
宣言してそこから一所懸命恋文や恋歌を投げたりしたんだそうだ。脱走して。
贔屓とはちょっと違うかもしれんが。
278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/03/31(水) 22:38:56.74 ID:n2uFp0IsO
188 :177 :sage :2008/06/26(木) 23:22:43 (p)ID:SS6FJz9B(2) 
じいちゃんは毎週ばあちゃんのもとに通って、へったくそな日本語の恋文と恋歌の写しを投げて、 
ばあちゃんが拾うのを確認して一礼して走り去る、とやってたんだが 
じいちゃんが投げた恋歌の中に、ばあちゃんが好きな歌が入ってたのがきっかけで 
ばあちゃんから「この歌が好きなんですか?」と話しかけたらしい。 
そこでじいちゃんが全く日本語ができない(「ここから一歩も近づきません!」は 
日本贔屓の上司に教えてもらった唯一の日本語)ということが発覚して、 
じいちゃんが滞在中ずっとばあちゃんが日本語を教えてたんだそうだ。 
そのお礼として米軍配給の缶詰だのを渡してたんだそうだが、上司の入れ知恵で 
同じ隊の他の人に事情を話してちょこっとずつ缶詰だのを分けてもらって 
「ご近所の皆さんで分けてください」と箱一杯に差し入れたのがきっかけで 
ばあちゃん一家に受け入れられて、アメリカに帰る時には一緒にご飯を食べたんだって。 
その時に、もうアメリカに帰ったらばあちゃんに会えないかもしれない、と思って 
「普段味気なく食べている配給も、あなたと食べるとごちそうのように美味しかった。 
そんなあなたともう会えなくなるのは生きている意味を感じられないほど悲しい」と 
言ったら、ばあちゃんも「とても優しいあなたと会えなくなるのは私も悲しい」と返したので、 
じいちゃんは自分の所属部隊と名前と階級を書いて渡して 
「もし私とまた会ってもいいと思ったら、残っている米兵にここ宛に手紙をください」 
とやって、米軍が完全撤退するまでしばらく文通してたんだと。 
そのあとじいちゃんが日本にきて、ずっと独身だったばあちゃんと結婚。 
以上です。文才なくてスマン

引用元:http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1269918454/

小学生のとき、クラスの男の子で片方の目の無い子がいたんです。

76: 大人の名無しさん ID:2DPalIFR
小学生のとき、クラスの男の子で片方の目の無い子がいたんです。
でも、その子は明るくてとってもいいヤツで、そんなことなんて
他の誰も気にしていませんでした。

ある日、図工で自分の顔を描いたとき、その子と描いた絵を
見せ合いっこをしました。
そうしたら私、その子の目のことをすっかり忘れていて、
その絵を見ながら「また~、ウインクなんかしちゃって~」
と笑って言いながら、その子の顔を見てはじめてその事を
思い出しました。
その子は小さい声で「だって、オレー」と言ったまま、
下を向いていました。

結婚したらこの幸せがずっと続くのかって思ってもう向かうところ敵なし!位の気持ちだったのに

539 :1:2007/05/24(木) 23:50:49 ID:XnRxHbEy0
姉は自分の浮気で婚約解消したんだが、それ以来何だか微妙にネジが飛んでる。
もう何年もたってるしそろそろ…と思ってたがダメだった。
そして俺の結婚式の時、酔っ払って飛び入りスピーチかましてくれた。

最初は「結婚おめでとう」とか「奥さんを大事に…」とか普通の事を言ってたが
段々涙声になっていきなり

「その女より私の方がずっとキレイじゃない!
なんでその人結婚できて私出来ないの不公平よ!」と叫びやがった…

酔っ払って訳わかんなくなってたらしく、自分の事を話し始めたんだが
「たった一回の過ちだったけどあなた私を許してくれなかった」
「結婚してたって(相手の男が姉と別れた後結婚した)私思い出ひきずって生きてくしかない」
とかなんとか…
これは酒飲んだ時に姉がよく言ってる事だったので
俺は「ああー姉ちゃんやっちまったよ、
飲ませたの誰だよー誰か引きずり下ろせ!」とか思ってウンザリしたのと
「何て言って謝ったらいいんだ!」という焦る気持ちとでオロオロ。
ごめんね、という気持ちを込めて新婦を見たらまさに「愕然」という言葉がぴったりの顔。
そして怒ったような怯えた様な何とも言えない顔でこっちを見た。
ワンワン泣きながら母に抱えられる様に会場を出て行く姉が
「その幸せが私の不幸と我慢の上に成り立ってるってちゃんとわかって欲しかったの!!」。
そしてそれを見つつ、こっちを招待客全員が「うわぁ…」って顔で見てる。
そこでやっと事情が飲み込めた。
俺と姉が出来てると思われてる!!!!親戚すら汚いものでも見るような目でこっち見てる!!
いやもうこれじゃあそれ以外の解釈をする人がいるなんてありえない。
式はもうメチャクチャで静まり返る会場にやたらテンションの高い司会の声だけが響き、
ヒソヒソとなにやら噂してる人が大勢…
新婦はこぶしを作って歯を食いしばって震えてるし、話しかけようとしたら般若みたいな顔で睨まれた。
お色直しで戻った時、新婦そのまま帰っちゃったよ…

私を大学に通わせてくれた母へ。私が育った環境は決して恵まれてはいなかったけれど、あなたに生まれ、育てられて本当によかったよ

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/11/19(金) 00:26:20.24 ID:0KfIFOFB0
私を大学に通わせてくれた母へ

あなたは私を産むまでずっと父の暴力に苦しんでいましたね
私が産まれて時、あなたは泣きながら喜んだんですね
私が一歳の誕生日に、借金を抱えたまま父が自殺しましたね
借金を返すために昼はパート夜は居酒屋で仕事の毎日でしたね
保育園では遠足のおやつは雑穀のおはぎでしたね
小学校の給食費を払えない月もありましたね
修学旅行のおみやげはご当地キーホルダーだけでしたね
中学の制服は親戚のおさがりでしたね
高校のお弁当はいつもご飯に梅干しと海苔でしたね

僕には付き合っている人がいるんだ、知らなかった?

192:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 03:53:04

今日13日は記念日だし、嫁入院中で何となく起きてしまったから書き込む。 

もう10年ほど前の高校の放課後、美術準備室に俺は呼び出された、 
嫁「…これ受け取って下さい」 
俺「…これ、バレタインの?」 
嫁「…(コクリ)」 
俺「…まともな会話するのが今日初めてだよね?まさか告白?」 
嫁「…(コクリ、顔真っ赤)」 

俺「僕には付き合っている人がいるんだ、知らなかった?」 
嫁「…え」 
俺「…学校では隠していたからね、秘密にして、君と同じ部の鈴木(仮名)」 
嫁「え、鈴木先輩が居ないって言ったのに」 
俺「…居るかもでなく?」 
嫁「それに鈴木先輩って部では佐藤(仮名)先輩と仲良いから付き合っているのかと、」 
俺「…とにかく受け取れない、ごめん」 

次の日バレンタインだったが休日、 
俺とあった後に佐藤と逢っていた鈴木とは別れた。 
俺「これ返すな」 
多分チョコ?の入った鈴木から貰った箱を2人に投げつけた。 
結構青春してたと思う。